しゆたろの日常

しゆたろの日常についてきままにつぶやきます。創作もします。

第1話 NK

 ある日のあるところにNKという学校がありました。
ここは二丁拳銃を扱う学校。二丁拳銃→Nichou KenjuでNK。
通うのは子供たち。国の方針で、子供のころからいろんなことを知っていこうと掲げられました。危険なものを丁寧に扱えるように、能力をUPさせるようにといった意図も込められてます。学校はNKだけでなく、真剣(ShinKen)を扱うSK。魔法(MaHou)の能力を開花させるMHなど。いろんな学校があります。そんな学校に通う子たちの物語です。

********************

 

がやがやと活気のある声が飛び交う。
ここはNK学校。今、生徒たちが登校中である。
そんな中に面白くなさそうに歩く男子一名。
そこへ明るい女子が肩をたたいて、挨拶してくる。
「おっはよー、さき」
「おはよ」
テンションに差がある二人は同じクラスのようだ。
さきと呼ばれたのはこの物語の主人公、本当の名は「さいき」左右非対称の髪型をしている。
このショートヘアの女の子:「しう」は"さき"とニックネームをつけて呼んでいる。
「今日、実技試験だね…緊張するなぁ」
「落ち着いて昨日の練習通りやれば、大丈夫だよ」
「うん、そうだね…さきはいいな!拳銃扱うの上手で、才能ほしいよ~」
「別に、才能とかないと思うけど…」
「二人ともおはよう~」
今度やってきたのは、アホ毛が特徴の「まつる」突っ込み担当らしいが…?
「…」
「…」
「おい!無視すんなよ!」
お!いい突っ込みです!さっすが。
「ごめんごめーん!おはよー」
「おはよ」
この三人でメンバーを組んでいて、活動するときは一緒に行動する。
「まつるは実技、心配ないの?」
「大丈夫大丈夫、よゆーよゆー」
「えーそんなこと言って、笹野先生に怒られても知らないよ~」
メンバーを組んでいるだけあって、仲が良い三人組だ。

―バンッ!

いきなり、足元に弾が飛んできた。

「誰だ!危ないじゃないか!」

「あら、いつものメンバーさんおそろいで。百発百中のいよちゃんです!」

「今外れてたけどな」

「わかってないな、当てちゃったら危ないでしょ?」

「いや!撃つこと自体危ないんだよ!」

「もう、いよちんったら朝から暴れて…」

現れた新たな女の子、自分でも名乗ってたように、「いよ」ちゃんだそうです!

とんだじゃじゃ馬がいたもんだ。長いポニーテールが風になびいて王女の風格みたいなものが出てます!

この三人にはいよちゃんはお手上げのようですが…??

「こら!いよ!」

「いったぁ」

どうやら拳骨を食らわせたようだ。

いよの保護者的な役割をしたのは?このサラサラヘアーの男子は誰?

「うえ、痛いよ~」

”うえ”と”呼ばれた彼は「うえつき」くん。

上様とか領収書に書かないよーに!

「すーぐ目を離すとこうなるんだから、ごめんね、さいき達」

こんな風に漫才してる二人ですが、前は不良だったとか??そんな噂が流れてます。

「まあ俺たちは大丈夫だけど…あんまり目立たないようにな」

「全く何やってんだか、今日の実技、減点されるかもな」

もう一人男子がやってきました。グ、グラサンかけてる!?

「大丈夫、ばれなきゃいいもん!」

うえつき、いよは仲良しそうですが、もう一人のメンバーとは仲が悪そうですね。

「たもつ、言い方!ケンカ吹っ掛けないで」

「はいはい、実技までこもるから、じゃ」

「たもつ」という彼は、メカを作るのが得意!こもるのは研究室でいろいろとなにか作ってるみたいですね~

さてさて、ひと騒動終えて、教室が見えてきましたよ。

 

―ガララララララ

 

「おはよー!あ!はなちゃん」

「おはよう、しうちゃん」

教室の花瓶のお水を変えて机に置いている、サイドテールの美少女は「はな」ちゃん。

毎日、名前の通りおはなの面倒を見てくれています、ありがとう。

「仲良く登校か?おはよ、三人衆」

「みなさん、おはようございます…」

「ばったり会っただけだけどね、おはよう」

無感情なさいき。

「おはよ!かれんちゃん、あいきくん!」

元気なしう。

しうに名前を呼ばれた二人。

「かれん」は黒髪でショートいかにもおとなしめの女の子。敬語もつかって礼儀正しい。今まで出てきたメンバーはみんな同じクラスなのだが、この子が最年少です。

「あいき」はつんつんヘアーでイケメン!外見はチャラ男です。でも、かれんのことをとっても大切に想っているみたい。この二人の関係は家族愛のような感じ?どうなんだろ。はな、かれん、あいきはこの三人でメンバーを組んでいます。

「おはようございますー!!今日もはなさんのお姿が見れて僕は、感激です!!」

「ふふふ、どういたしまして」

まつるは、はなのことが好きみたいですね。はなさんは優しいから笑ってくれています。愛想笑いです!

 

―ガララララララ

 

「ホームルーム始めるぞ!席について」

お!先生がやってきました。このクラスの担任の笹野先生。

すらっとした体型に身長もそれなりにあって、すてきなおじさまですかね?

 

今回はここまでにして。

次回は、みんなの会話にもあった実技試験についてのお話。

お名前を少しづつ覚えていってくくださいね!